スペース サイトマップ ホームページ
東淀川区医師会
 
医師会のご案内
医療機関の検索
在宅医療機関の検索
休日・夜間診療所
休日・夜間診療所
訪問看護ステーション・ケアプランセンター
地域医療・保健
各種講演会・研修会
検診・予防接種
介護保険情報
会員からの医療情報
かかりつけ医とは
関連サイト
医師会会員ページ
介護保険情報
上手に利用するために
 
1.まず、かかりつけ医に介護保険について相談しましょう。
介護保険サービスを利用するためには、市区町村窓口での手続きが必要です。 手続きの仕方や介護サービスのことなど、何でもかかりつけ医に相談してください。
2.要介護認定では、かかりつけ医の書く「主治医の意見書」が非常に重要です。
申請が受けつけられたら、要介護認定がはじまります。要介護認定は、市区町村によって行われる「訪問調査」の結果と主治医が作成する「意見書」をもとに行われます。医師は、この「意見書」を作成するという重要な役割を担っています。
3.要介護度が決まって、介護サービスを利用しはじめるときにも、医師のアドバイスを受けましょう。
要介護認定の結果が通知されたましたら、自分の要介護度に合った介護サービスを受けるために、かかりつけ医にアドバイスしてもらいましょう。 ケアプランの立て方、施設サービス・在宅サービスの選択、介護サービスの選び方など、気軽に相談しましょう。
4.介護サービス利用中も、お身体の状態については、今まで通り、かかりつけ医に相談してください。
介護サービスを受けているときでも、かかりつけ医は、利用者のお身体の具合について継続して支援・アドバイスを行います。 ケアプラン内容の見直しや、介護サービスの内容・方法などについて、医師の立場からサービス事業者に適切な指示をします。
Top Page