スペース サイトマップ ホームページ
東淀川区医師会
 
医師会のご案内
医療機関の検索
在宅医療機関の検索
休日・夜間診療所
休日・夜間診療所
訪問看護ステーション・ケアプランセンター
地域医療・保健
各種講演会・研修会
検診・予防接種
介護保険情報
会員からの医療情報
かかりつけ医とは
関連サイト
医師会会員ページ
かかりつけ医とは
かかりつけ医とは 在宅医療について 
かかりつけ医とは

 「かかりつけ医」とは、家族ぐるみでかかることのできる「家庭医」のことです。
かかりつけ医は私たちの身近にいて、健康のことなら何でも相談にのってくれます。 自分の病歴や体質を知ってもらえば、病気の早期発見ばかりではなく、よりよい治療、ふだんの健康維持につながります。
 

 大きな病院の方が高度な医療を受けられると思っておられる方もおられるかもしれません。
しかし、いつもそのような医療が必要でしょうか?
かかりつけ医はあなたの健康の状態を誰よりも知っています。高度で専門的な医療を受ける必要があれば、かかりつけ医の適切な判断に基づいて、適切な病院に紹介状を書いてもらえます。
 介護保険制度ができてから介護認定の時に主治医意見書(かかりつけ医意見書)が必要となっています。決めておられない方も、これからは是非かかりつけ医を持つようにしましょう。
 かかりつけ医はお住まいに近いところの医師を選ぶのがよいでしょう。
どのように信頼できる医師でも、遠くては「いざ」というとき不便ですし、定期的な通院を必要とするときに不便です。往診を受ける場合にも、近所であればお願いしやすいでしょう。
何軒か選択の余地があるならば、何でも気軽に相談できる医師を選ぶのがよいでしょう。
 信頼して、いつも診てもらっている医師ならば、診療科目にはあまりこだわる必要はありません。
かかりつけ医が見つからないという方は東淀川区医師会に連絡して下さい。
身近なお医者さんを紹介いたします。

在宅医療について
 「在宅医療」というのは、患者様の自宅で診察や治療を行う医療システムのことです。脳卒中の後遺症や痴呆、ガンなどの疾患を抱えていて定期的に医療を受ける必要があるけれど、寝たきりなどで外来通院が困難な患者様を対象に、定期的に自宅に伺って診療を行います。

同じ自宅での医療でも、「往診」は患者様の様態が急変した緊急時に行う臨時のものですが、在宅医療は定期的に患者様の自宅に伺い、診察や治療を行うことによって、健康の維持や向上を目指すものです。

在宅医療には、医師が行う訪問診療、看護師の訪問看護、理学・作業療法士が行う訪問リハビリテーション、歯科医師の訪問歯科診療などがあります。医師は診療を行うだけでなく、在宅医療の最終責任者として「在宅医療チーム」の調整を行い、最適な療養ができるように支援いたします。病状が変化し、入院が必要なときは、適切な病院を紹介いたします。

在宅医療の良さは住み慣れた家で通常の生活をしながら療養できるというものです。また、その人の生活環境や介護状況などにあわせた、個別性の高い医療を行うこともできます。さらに、家族の方が病院ではなく自宅で介護できるということも利点の一つといえるでしょう。

在宅医療を受けるためには介護認定を受けなければならないサービスもあります。介護認定を受けるためには、主治医意見書(かかりつけ医意見書)が必要です。かかりつけ医が見つからなくてお困りの方は、東淀川区医師会までご連絡下さい。

東淀川区医師会では在宅医療についての相談を承っております。当医師会のケアプランセンターでは在宅医療に関するケアプランを作成しております。また当医師会の訪問看護ステーションもあわせてご利用下さい。
Top Page